スタバに行って注文するとき、商品名がよくわからないので「ブレンドください、ホットで。いちばん小さいので」と頼みます、ゆいたん。です。というわけで、優しい心のリジェネ回復はとても空気感があるのでヒールを盗作させてもらうことにしました。早朝の街角に佇むこと数分――目の前をヒールしながら往復する半裸修羅さまが現れた。アイコンタクトですべてを了承するふたり。わたし知ってる。こういうイサマシ系こそ、中身は...

>>続きを読む