僕がいつものように日課の毛虫の毛を抜いて見知らぬ人の背中に移植する作業をしていると、 どこからともなくこんな声が聞こえて来たのです。 (絶や、絶や) (ワシは笑いの仙人じゃ) (お主の心に直接語りかけておる) ↑ 続きを読む前にその神の一撃を愚かな私めに下さいませ!

>>続きを読む