”親知らず(智歯)”のいわれ 大昔の日本人の平均寿命は現代人と比べて非常に短く(多分30歳くらい)、 子供の智歯がはえる18歳頃には親は亡くなっていたようです。 そんなことからいつの日か「親知らず」と呼ばれるようになったようです。 英語では「知恵の出てくる頃にはえてくる。」 という意味で、「wise tooth」(智歯)と呼ばれていました。現在はwisdom toothと呼んでいます。 っということで。 タイトルに参考URL...

>>続きを読む